ベランダ栽培でミニトマトを育ててみた結果これだけお得だった! - ザラムnote.

体験談

ベランダ栽培でミニトマトを育ててみた結果これだけお得だった!

4月下旬から検証を始めた

「ベランダ栽培でミニトマトを育てると、お店で買うよりどれぐらいお得か?」

というテーマの検証結果がでましたので、書いてみたいと思います。

 

栽培の専門知識なぞもちろん無い素人同然の私が

ちょっとでもミニトマトをたくさんお得に食べたい

我が家の食卓のために始めたこの検証。

 

果たしてどれだけお得だったのか・・・・?

そもそもお得なのか・・・・?

 

ざっくりとした比較結果ですが

ぜひ参考にしてみてください!


1.3種のトマトそれぞれの総収穫数

我が家のトマト3種

それではまずは育てた3種類のトマトそれぞれの総収穫数を発表します。

 

「桃太郎」・・・15個

「フルーツトマト」・・・54個

「アイコトマト」・・・146個

という結果になりました!

 

見ての通り、アイコトマトの収穫数にビックリ!('Д')

もともと収穫数の多い品種なのか、それともたまたま良く実ったのかはわかりませんが

おかげさまでこの夏、毎日のように食べることができました\(^o^)/イエーイ

 

我が家のアイコトマトは、皮が少し「バリッ」とするような歯ごたえがあり

「ベランダ育ちだからって舐めるなよ!」

という気概を感じましたね。

けどとても美味しく、アイコさん大好きです。

我が家のアイコトマト

 

反面少し残念だったのが「桃太郎」ですね。

苗の時、”大玉”とは知らずよりによって小さ目のプランターに植えてしまい

成長するにつれてとても窮屈そうでした。

 

しかも空いていたスペースがもったいないと思い

なんと「大葉」も植えてしまった・・・!

モリモリ成長する大葉に栄養を取られたのか

総収穫数も少なく、とても残念な結果でしたね。

というより、色々ごめんなさいという気持ちです。(ノД`)・゜・。

晩年の桃太郎と、青々とした大葉

 

一方終始マイペースだったのが「フルーツトマト」ですね。

我が家のフルーツトマト

植えたプランターのサイズや、与えた水・肥料の量もほぼアイコと同じなのに

それほど収穫数が伸びませんでした。

こちらもそういう品種だったのでしょうか?

 

しかし数は今一つでしたが、味はその名の通りとても甘く

収穫時の楽しみがありましたね

甘く美味しいトマトを食べたい方にはおすすめです。

 

 

2.相場価格での金額算出を品種ごとに

収穫した数を相場価格に当てはめた金額を3種それぞれ出してみたいと思います。

 

【桃太郎】約1300円

【フルーツトマト】約1820円

【アイコトマト】約3200円

という結果になりました。

 

それぞれの内訳は

【桃太郎】=近所のスーパーで1個90円ぐらいなので、15個×90円=1350円

1350円ー苗代58円=約1300円

 

【フルーツトマト】=ネットで8個298円があったので、298円÷8個=1個37円

37円×54個=約2000円、苗代引くと2000円ー178円=約1820円

 

【アイコトマト】=ネットで1kg(20~50個)800円があり

間をとって35個800円とした。

800円÷35個=1個23円、23円×146個=約3360円

苗代を引くと3360円ー178円=約3200円

 

という計算で合ってるでしょうか('Д')

 

品種で分けたので少しややこしくなってしまいましたが

我が家は特に品種にはこだわりがないので、どの品種も”1個”と計算した場合

近所のスーパーではミニトマト1パック(約15個入り)120円のため

120円÷15個=1個8円

 

苗代(桃太郎58円、フルーツ178円、アイコ178円)414円

トマト総収穫数215個×8円=1720円分のトマトを収穫することができました。

 

あとは肥料代(398円)を引いた金額

1720円ー398円=約1320円がファイナルアンサーですね。

 

こうして種類関係なく1個と計算すると、大してお得感がありませんでした

毎日水をやり、日当たりを考えてやり、すくすく成長する姿を見てると

なんだか感慨深いものがあり、金額以上の収穫を得たような気がします。(好感度上げ中)

 

育てた者にしかわからない良い経験だと思いますので

機会があれば是非育ててみてもらいたいですね。

 


 

3.色々あったこの夏のトマト栽培

この夏もとにかく暑かったですね。

記事執筆時点でもまだ残暑厳しいぐらいです。

 

ベランダ栽培も”順風満帆”とは言えず

色々な出来事に見舞われました。

 

まずはアイコトマトですが、せっかく伸びてきたのに台風でメインの枝がポッキリ折れてしまい

「もうダメだ」と挫折しかけたこと。

とてもガッカリしたことから写真を撮るのも忘れていました('Д')

 

しかしその後、別の枝が太く成長してくれ

合計146個もの実を実らせてくれたのには驚きでした。

命の力強さを感じさせてくれましたね。

 

次に、3種のトマト全部が病気にかかったこと。

収穫も後半になるころに、葉っぱに見慣れない斑点がつくようになり

調べてみると、「うどんこ病」という病気だと分かりました。

うどんこ病にかかった我が家のトマト

触ってみたら白い粉が手につきます。

どうやらカビの一種らしく、薬剤を使うしかないようです。

 

渋々ホームセンターで購入し(798円)、振りかけてみました。

購入した殺菌スプレー

 

振りかけて1週間後ぐらい経つとこんな感じに。

白かった部分が黄色くなり、殺菌できたのかな・・・?という

よくわからない状態に。

葉っぱの数が明らかに減ってるのは、いたたまれずに病気が酷い部分をカットしたためです。

 

結局有効な手段はわからず、症状が少なくなったとはいえ最後まで

白い部分がどこかにある状態でしたね。

栽培途中、実家の庭から取ってきた土を追加したのが原因かもしれません。

来年は気を付けたいと思います。

 

4.ミニトマトのベランダ栽培検証まとめ

いかがでしたでしょうか。

ベランダ栽培をしてるといろんな出来事があり大変な思いもしましたが

結果として、とてもたくさんトマトを収穫でき

また、命を育てるいい経験もすることができました。

 

種類関係なくどれも”1個”として計算した場合

414円の苗代で1720円分のトマトを収穫できたことがわかりました。

 

この法則でいくなら

「ミニトマトの苗を植えるならアイコトマトを植えろ!」

というのが結論ですね。

 

いろいろ勉強になったのもあり、また来年もミニトマトを育ててみたいと思います。

ベランダ栽培に興味のある方は、ぜひ来年共にミニトマトを育ててみましょう!

もちろんアイコさんで♪

 

-体験談

Copyright© ザラムnote. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.