【何が良い人生を作る?】幸福の条件とは?【責任を追及している時間などない】 - ザラムnote.

体験談

【何が良い人生を作る?】幸福の条件とは?【責任を追及している時間などない】

04301

わたしたちの人生を良いものへと作る要素はいったい何だろうか?

これは普遍的なテーマでありながら、人によってさまざまな意見があるように思います。

「あなたにとって良い人生とは?」

これはあなたの年齢や置かれた状況によって違うかもしれません。

 

「年齢を重ねたが幸福だ」と多くの人生の先輩方が答えたその奥義とは。

今回は一つのハッキリとした答えを見ていきたいと思います。

人生において幸福の条件とは何なのか

共に考え、共に学んでみましょう。

1.良い人生を作るためのものとは

永い人生を経験し、幸福に至った多くの人達が答えたその要素とは

「良い人生は、良い人間関係によって作られる」

 ということです。

 

中には

若者A
良い人生とは富を得ることだ

有名になり名声を得て成功することだ
若者B

 と考える人もいるかもしれません。

 

あるいは一生懸命働いて、会社で結果をだすことに意味があると

 考える人もいると思います。

 

これらのことも、人生の一つの目標として生きる力にするためには大切なことです。

 しかし自分の目的にばかり集中し、良い人間関係をおろそかにした結果

 孤独となり、それが命取りになるといわれています。

 

実際、家族や友人達と良いつながりを築いている人たちは、

 人とのつながりの少ない人に比べ長生きするということが分かっています。

 

孤独は害であり、孤独の中にいる人ほど健康や脳機能の衰えが早まり
 孤独ではない人より寿命が短くなるようです。

 

ここで大切なのは友人の数ではなく、身近にいる人との関係の質であることです。

 

友達がいくら多くても、ねたみや争いがあるなら

 健康に悪影響だということがわかっています。

 

わたしたちは良い人間関係を築いていくことで健康が保たれ

幸福な人生を送ることができるのです。

04302

 

.皆知っているのになぜできないのか?

良い人間関係が大切だということは誰もが知っていることではないでしょうか。

 では知っているのになぜ実現することがむずかしいのでしょう?

 

家族や友人と良い関係を維持していくことは至難の業であり

 とても複雑で、面倒で、地味なことだからです。

 しかもそれは一生続けなければなりません。

 

人は面倒なことより、手っ取り早く生活を快適にしてくれるものに

 関心が向きやすいのです。

 

大切だと分かっていながら相手との良い関係を後回しにしてしまいつつ

 そのまま年をとって孤独を感じ

 「幸福な人生だった」と言うことができない

 人のなんと多いことでしょうか。

 

わたしたちの生活は常に忙しく、働き続けて結果を求められる中にあって

 良い人間関係のために努力するのは難しいのかもしれません。

 だからこそ今、良い人生のために努力することが必要だといえます。
 


 

.幸福のため今のあなたにできることは

 

今のあなたは良い人間関係が築けているでしょうか?

 

たとえ良くない状態であっても、これからあなたにできることはいくらでもあります。

 いくつか例えをあげてみます。

 

・人間関係の修復を図る

・疎遠になっている家族と連絡をとる

・一人で過ごしている時間を、パートナーとの時間に使う

・新たなコミュニティに参加する

・新たな友人を作る      
                      などなど

 

人間関係の修復というのは本当に難しいですね。

 時間が経てば経つほど修復が難しくなるものです。
 

しかしこれは相手のためだけでなく、自分のためにも修復を図るべきです。

 遺恨を残したまま良い人生を送ることはできないからです。

 少しだけ勇気を出して一歩あゆみ寄ってみましょう!

おじさん
年取るとなかなか難しいけど・・・自分のためにも勇気を出すか

 

一人でテレビやスマホに向き合っている時間を

 パートナーとの時間に使うことはとても有意義なことです。

 

ある研究で、50代で夫婦ともに幸福だと感じていた人たちは

 80代になって身体的苦痛があったとしても

 精神的には幸福だという結果が出ています。

 

これはおそらく良い関係が加齢過程による

 さまざまな問題のクッションになっている

 のではないかというのです。

 

身近な存在であるパートナーとの良い関係は

 お互いの健康にも大きな影響を与えるため、是非とも大切にしたいですね。

04304

新たなコミュニティに参加することは、例えば定年退職をして

 それまでいた組織から離れた途端に孤独となり

 人間関係を築く場を失ってしまった時などに有効だと思います。

 

だれでも人との堅固な関係によって守られていて

 何かあった時に頼りにできる人がいる

 というだけで、脳機能が安定するそうです。

 

実際、定年退職後幸せに過ごしてきた人たちというのは

 いつも人間関係に頼ってきた人たちでした。

 家族や友人、コミュニティの仲間たちにです。

 

以上のことから、わたしたちが良い人生のために今するべきことは

 人と争うことではなく、人を大切にし、人に頼るということです。

 

最後に「トム・ソーヤーの冒険」の著者として知られるアメリカの小説家

 マーク・トウェインの言葉を紹介します。

「かくも短い人生に、いさかい、謝罪し、傷心し、責任を追及している時間などない。

 愛し合う為の時間しかない。それがたとえ、一瞬にすぎなくとも」     by Mark Twain

 

人生にさまざまな問題があったとしても、最後には人を愛することを選択したいです。

 今のわたしたちにはまだ間に合います。

 少しでも多くの時間を、少しでも多くの人のために費やす者となりたいです。

 

4.良い人生を作るためには?まとめ

忙しい世の中にあって、自分の時間に集中しすぎて人間関係をおろそかにしてはいけません。

 

わたしたちは人との関係を大切にし、人を頼ることによって健康にも

 また精神的にも幸福を感じることができるのです。

 

遺恨を残したままの人生、孤独のうちに生きる人生でなく

 関係を取り戻した人生、人のために時間を費やす人生を送りたいですね。

「良い人生は、良い人間関係によって作られます!」

 

累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム

-体験談

Copyright© ザラムnote. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.