【股投げ】ボールを使った昔の遊びを紹介!子供でも遊べる!【またなげ】 - ザラムnote.

体験談

【股投げ】ボールを使った昔の遊びを紹介!子供でも遊べる!【またなげ】

050406

 

みなさんは「またなげ」というボールを使った遊びをご存知でしょうか?

私が小学生の頃、休み時間にはいつもこの遊びをしていたのをよく覚えています。

今から約30年前なので、1990年頃でしょうか。

 

この遊びは全国でされているのだと思っていましたが

どうやら知らない人も結構いるようです。

 

私は兵庫県の田舎近くで遊んでいたので

もしかしたら関西地方特有なのかもしれません。

 

今回はそんな「またなげ」の紹介をしたいと思います。

ボール一つででき意外と熱く盛り上がる遊びなので

是非ルールを覚えて遊んでみてください!

 

1.またなげってどんな遊び?

またなげはボールを使って相手と1対1の勝負をする遊びです。

 

相手と適度に離れて向かい合い、

ボールを投げ合って落とした方が負けになります。

 

単純な遊びですが少し変わったルールがあり、

やり始めると意外と盛り上がるはずです。
 

私の小さい頃は順番待ちするほど盛り上がり、

「どこまで連勝を延ばせるか」とか、

「勝ち抜き戦でチャンピオンを決めたり」とか、その場その場でミニ大会を開いて熱くなりましたね。

 

使用するボールの大きさはなんでも良いですが、

目安としてバレーボールやドッジボールのような大きさとやわらかさのボールが遊びやすいと思います。

 

小さいお子さんが遊ぶ時は、さらにやわらかいゴムボールなどでも良いでしょう。

ドッジボールに似た遊びなので、万が一顔に当たっても痛くないボールがオススメです。

 

相手との離れる距離は、小学生だと3m~4mぐらい。

大人で3m~5mぐらいが適当でしょう。

両手でボールを持ち、股から投げて相手に十分届く距離にしましょう。

050401

 

勝敗がすぐつく遊びなので、1試合あたり3ポイント先取で勝利!とか、

その場で勝敗のつき方を決めてから試合開始します。

 

たくさん順番待ちしている場合は、1回でも落とした方が次の人と交代して回転を早めます。

このへんのルールは自由なのでその場に合うように決めてみてください!

 

2.またなげのルール

相手との距離を決めたら両者その場から動いてはいけません*ゆるく遊ぶなら動いてもOKに変更可能。

一歩も動かずにまずどちらかが両手で、ボールを股のあたりから振りかぶって投げます。

050401

投げられた方も動かずにキャッチするのですが、

この時両手で取れば同じように両手で投げ返し、

もし片手で取れれば片手で思い切り投げ返すことができます。

050403

 

それから両手取り・片手取りの他にもう一つ、クロス取りという取り方があります。

050404

手をクロスさせてキャッチすることができれば、

3歩相手に近寄ることができそこから片手で投げられます。

050405

近くから思い切り投げられるので、またなげの必殺技といえるでしょう!

 

遊びで注意するポイントは、相手の顔面を狙うのはダメだということと 

片手取りの時に胸を使うのも禁止です。 

片手取りやクロス取りをしようとして動いてしまうと

ペナルティとして両手投げにするか、

動いた時点で負けにするか、前もって決めておくとわかりやすいでしょう。


3.相手に勝つためのポイント

勝つポイントはまず片手取りを成功できるかどうかです。

難しいけど片手で投げることができれば勝つ確率が上がるぞ!

ミスをおそれず片手取りに挑戦するべし!\(^o^)/

 

それからなんといっても必殺技のクロス取り

3歩も近づくことができて、しかも片手投げ!

これができればもう勝ったも同然!\(^o^)/

 

しかし、あまり多用するとみんなから嫌われるぞ!  必殺技はほどほどに(^_-)-☆

 

最後のポイントとしては両手投げを極めること。

これができれば最強に近いぞ。
 

両手から相手もキャッチできないような強烈なボールを投げることができれば、

バッタバッタと討ち取ること間違いなし。

片手取りもクロス取りもさせるスキを与えない、最強の戦法だ!

ただしそう簡単にはいかないので、よく修練すべし!
 
 

4.まとめ

いかがでしたか?ボールを使った昔の遊び「またなげ」の紹介をしました。

 

遊びといってもやり始めると熱くなり、もはやプライドを賭けた戦いのような気にさえなってきます。

 

シンプルな遊びなのでルールを覚えるのが子供でも簡単ですし、

ボール一つでどこでもできる気軽さがいいですね。

 

親子で勝負をするも良し! 同僚や友人と力比べをするも良し! 

楽しく・熱く、真剣にやればきっと盛り上がるのでぜひ遊んでみてください!

 

遊び好きな人にはコチラもオススメ!

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験や
ハーバリウムや陶芸体験といったインドア体験など、
400種類以上の遊びが予約できます。

現在は日帰り温浴施設も人気!当日購入して利用も出来ますよ!

日本最大級のレジャー総合情報サイト

-体験談

Copyright© ザラムnote. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.