【旅館などでよくある腰紐のたたみ方】五角形を作り見た目もキレイに - ザラムnote.

体験談

【旅館などでよくある腰紐のたたみ方】五角形を作り見た目もキレイに

 

 

旅館などで浴衣の着用時に使用する「腰紐」

この腰紐のよくあるたたみ方「五角形」の方法はご存知ですか?

 

普段の生活ではなかなか”腰紐を五角形にたたむ”なんてシチュエーションはありませんが

覚えておくと見た目がキレイに収納できたり

他の帯状のアイテムなどに応用ができるかもしれません。

 

実際に旅館でプロが使用している方法ですので、ぜひ覚えてお役に立ててみてください!

 

1.どんな紐が向いている?

腰紐といってもさまざまな種類がありますよね。

 

今回紹介するたたみ方に向いている腰紐はどんなタイプなのか

 少し見てみましょう。

 

五角形にたたむためには、紐の幅が大きすぎても小さすぎてもやりにくいです。

 できれば4cm~10cmぐらいまでが望ましいですね。

 

それから生地もしっかりとしたものが向いています。

 のような柔らかい素材の腰紐もあるので、注意しましょう。


 出典元:きものと帯の山善小林

 

また、形は”平ら”なものがキレイにたためますよ!

 

2.五角形の作り方

早速、写真で五角形の作り方を見ていきましょう。

 

まず、五角形の芯を作るために端を折り返します。

 

さらにもう一度折り返して芯を強くします。

 

ここから少しづつ五角形を作っていきます。

まず、左下の角を腰紐の中央らへんへ持ってくるように折り返す

するとこんな感じに

 

次は、右側の”面”を中央へ折り返します。

 

こうなります。なっていますか??

多少形が違っていても問題ありません。

ポイントは”面”の部分を紐の中央へ持ってくること。

 

次は左下の面を同じように中央へ

 

あとは繰り返しで右の面を中央へ、左の面を中央へと交互に

 

どんどん巻いていく!

 

ここまできたらあと少し

 

だいぶキレイになってきました。

残りわずか!たためるところまでたたみ、仕上げへ

 

端を中へ折り込んでいき、外れないように止めます。

 

少しわかりにくいですが、隙間へ・・・

 

入れにくいかもしれませんがなんとか押し込んでいきます。

 

形を整えたら完成です!

 

裏側はこんな感じ。ちょっとズレてブサイクになってしまいました。

 

キレイな五角形を作るポイントは

 折り畳んでいく時あまりギュッっと締めないことです。

 

このへんの力加減は、何度もチャレンジして確かめてみてください。

 

3.まとめ

いかがでしたか?

今回は腰紐を五角形にたたむ方法を紹介しました。

 

なかなか家庭では腰紐を使う機会はないと思いますが

 この方法は別の”細長いもの”の収納に応用できるかもしれません。

 

五角形をつくり保存するとシワができにくく

 変な折癖もつきにくいので、保存の仕方としても最適だといえるでしょう。

 

実際に旅館でも使ってる方法なので、ぜひ覚えて試してみてください!

-体験談

Copyright© ザラムnote. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.