神戸長田の味【ぼっかけ】レトルトを発見!甘辛く煮た牛すじがうまい - ザラムnote.

レビュー 食べもの

神戸長田の味【ぼっかけ】レトルトを発見!甘辛く煮た牛すじがうまい

みなさんは神戸長田(ながた)の名物料理「ぼっかけ」をご存知ですか?

牛すじとコンニャクを甘辛く煮こんだ下町料理のことです。

地元民にはもちろん馴染みの料理で、私もよく長田で”ぼっかけうどん”を食べるのですが

自分で作る機会はなかなかありません。

 

そんな”ぼっかけ”がスーパーで売られているのを偶然見つけたので

思わず購入してしまいました!

レトルトですが、その味は果たして本場そのものなのか・・・

辛口レビューの私カカ・ザラムが、その不安定な舌でしっかり確認したいと思います。

 

ぼっかけをまだ食べたことのない方も、ぜひ参考にしてください!


1.神戸長田名物の「ぼっかけ」とは?

まずは”ぼっかけ”とはどういう料理か、ザックリ紹介します。

 

神戸の中心地”三宮”(さんのみや)から西へ約5kmにある、”長田”地区発祥とされるぼっかけ。

出典:google map

戦後の食糧不足の中、かつては廃棄されていた”牛すじ”をおいしく食べる方法として

 長田で考案されたのがきっかけと言われています。

 

牛すじとコンニャクを、しょうゆ・みりん・砂糖・水で甘辛く

 やわらかくなるまでじっくり煮こんだだけの、シンプルな料理です。

 

長田ではお好み焼きやうどん、カレーなどにトッピングとして入っていて

 トッピングの割に存在感があり、とても美味しいですよ!

 個人的には”ぼっかけうどん”が大好きです!

 

2.レトルトの「ぼっかけ」レビュー

それではさっそく、スーパーで見つけたレトルトぼっかけの実食をしていきます。

「昔ながら、長田の母の味!お好み焼きにピッタリや!どんな料理にも使えるで!」

 と書いてあります。

 その通りで、異論はまったくありません

 

裏面

確認すると、この商品は地元長田の会社が販売しているみたいです。

 それならレビューするまでもなく、本場の味に決まってるやん・・・

 

湯煎で温める方法と電子レンジで温める方法があり

 今回は湯煎でチャレンジ。

 

このまま沸騰した鍋へ投入し、約2分で完成。とっても簡単。

 

何にトッピングしようかと悩みましたが

 今回はシンプルに白ご飯に乗せて、どんぶりにしてみました。

絶対ご飯がススムやつや~~~

 しょうゆの煮込んだいい香りが食欲をそそります。

 

このままだと色味がないので大葉だけ追加してみた

はい、一品完成~!

 

お店で食べる時は、きざみねぎが入ってることが多いですが

 我が家では大葉で代用。

 

さっそく実食へ。

 

・・・・・・・・・

「うん、うまい!これはぼっかけや」

本場長田の味とほぼ一緒です。

私はいつも”うどん”で食べてたので、ダシの味が加わってるかどうかの違いはあれど

 白ご飯にのっけても十分美味しいですね~。

 

個人的には味が濃い目に感じました。

 ごはんがめっちゃススムので、あっという間に完食するはず。

 欲を言えば、もうちょっと内容量増やして欲しいかな。もっと食べたいねん。

 

お店でぼっかけをトッピングするとだいたい+350円ぐらいするので

 このレトルトの値段で同じクオリティのぼっかけが食べられるなら、これはアリでしょう。

 

うどんにカレーにお好み焼きにと

 これからレトルトぼっかけの夢がひろがり楽しみです!

 あっという間でしたが、ごちそうさん!


3.神戸長田名物ぼっかけレトルトのレビューまとめ

私の評価は

 神戸長田名物ぼっかけレトルト
価格
手軽さ
入手しやすさ
総合評価

たまたま地元スーパーで見つけた、神戸長田名物ぼっかけのレトルトパウチを紹介しました。

私の不安定な舌で確認したところ、味は間違いなく本場長田のモノに近いと言えます!(断言はしない)

 

ぼっかけ自体とてもシンプルなので

 いろんな料理にトッピングしても間違いなく合うと思います!

 

県外の方で、まだ食べたことのない人にも一度はぜひ食べてもらいたいですね。

 調べてみたところ、ネットで同じものが購入できるようです。

 地元スーパーで買うより若干高めになってしまいますが

 ぜひ一度試してみてください!

 

-レビュー, 食べもの

Copyright© ザラムnote. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.