脇汗の悩みは自律神経を整えつつ強力制汗剤で対策できる【自律神経系】 - ザラムnote.

汗の悩み

脇汗の悩みは自律神経を整えつつ強力制汗剤で対策できる【自律神経系】

自分の意思とは関係なくドンドン出てくる脇汗

悩めば悩むほどさらに噴き出してきてしまう・・・

そんな経験はありませんか?

私自身かなりの汗かきで、もうずっと悩んできましたが

自律神経を整えつつ汗対策することによって大幅に軽減することができました

 

ここでは自律神経を整える方法をいくつか紹介しますので

汗の悩みが少しでも改善へ向かえばと思います。

 

毎日の仕事や学校、またイベントなどで汗が気になる方は

ぜひ参考に、”普通の自分”を手に入れるため一歩踏み出してみてください。


1.自律神経を整えるいくつかの方法

 

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つから成り

 この2つのバランスが整うことによって

 私たち人間の生存活動がうまくいくといえるでしょう。

 

ではどうすれば整えることができるのでしょうか?

 人によって効果に違いはありますが

 バランスを整えるのに良いとされる方法をいくつか紹介してみます。

 

朝食をしっかりとる

リラックスできる音楽を聴く

適度な運動をする(ストレッチでも可)

マッサージなどで体をほぐす

ゆっくり深呼吸をする

15分ほど入浴する

7~8時間程度睡眠をとる

 

一般によく知られていることばかりですね\(^o^)/

 しかしこれらを”習慣”としてどこまでできているでしょうか?

 全部は無理だとしても

 是非いくつかは習慣付けるようにしたいところですね。

 

以下それぞれを少し詳しく見ていきます。

 

①朝食をしっかりとる

朝食をとることによって体内時計が活動的になり

 自律神経のバランスをとるための舵取りへと向かうことができます。

 また、一日の活動エネルギー補充のためにも重要になりますね。

 

②リラックスできる音楽を聴く

耳からの刺激が脳へダイレクトに届き

 ホルモン分泌を促されることで自律神経を整えます。

 

脳はより複雑なものを好む傾向があるので

 使われる楽器が多い「クラシック」などが良いとされますが

 自分がリラックスできる音楽ならなんでも良さそうです。

 

サビの部分で盛り上がるような曲もホルモンの分泌が促され

 ストレスを感じている時などに効果があります。

 

適度な運動をする(ストレッチでも可)

リラックス時は「副交感神経」が優位になっているとされ

 血管が緩み、血圧が下がって穏やかな状態といえるでしょう。

 

適度な運動やストレッチをすることで血流を良くし

 体中の細胞すみずみにまで、質の良い血液を流すことができるようになり

 副交感神経を上げることにつながります。

 

短時間でもいいので運動や柔軟を習慣にしたいですね。

 

マッサージなどで体をほぐす

マッサージによるリラックス効果は

 副交感神経を刺激して、自律神経を整える作用があります。

 

体中にある”ツボ”を刺激すれば自律神経だけでなく

 血液やリンパ、筋肉などにも効果があるので

 定期的にケアしたいところです。

 

ゆっくり深呼吸をする

自分の意思でコントロールするのが難しい自律神経ですが

 「深呼吸」することによってある程度コントロールが可能になります。

 

深く・ゆっくり呼吸をすることで体が休息モードになり

 副交感神経が上がることによって、自律神経のバランスが整えられていきます。

 

15分ほど入浴する

入浴は自律神経を整えるのにとても効果的な方法です。

 

約37℃~40℃のぬるま湯に15分程度浸かるのがオススメ

 あまり熱いお湯に浸かりすぎると、交感神経が活発になるので控えましょう。

 

7~8時間程度睡眠をとる

やはり睡眠は大事ですね。

 できれば良質な睡眠が理想です。

 

就寝前にストレッチなどをして血流を良くし

 またリラックスした状態で休息することで

 副交感神経の働きが促されるようになります。

 

就寝時はなるべく消灯した状態が望ましいですね。

 


2.副交感神経が活発すぎるのも良くない?!

 

交感神経が過剰な現代人には、副交感神経を上げるのが良いとされています

 しかし大事なポイントは「それぞれのバランス」だといえるでしょう。

 

副交感神経が過剰になった場合

・血圧の低下

・気力の低下

・重症化すればうつ病

 なども起こり得る可能性があります。

 

なので、副交感神経を上げることばかりに注目するのではなく

 自身の活動量に合わせて、リラックスのバランスを調整していくことが重要になります。

 

現代社会ではなかなか難しいテーマですが

 ”今の状況”より少しでもバランスをとることができれば

 良い方向へと舵をきることができるのではないでしょうか。

 

くれぐれも休みすぎ、ゴロゴロしすぎには注意して

 適度な気力を維持するよう努めたいところです。


3.自律神経のバランスを整えつつ強力制汗剤で汗対策

自律神経失調症などからの多汗には

 神経の乱れを整えつつ、強力制汗剤を使って対策することがオススメ

 

私も実際に使っている強力制汗剤「AHCセンシティブ」

 汗口を無理なく自然なレベルにまで塞ぐことで

 汗腺の働きに影響を与えることなく、発汗を抑えることができます。

 

使ってみたレビュー記事がありますので

 ぜひ参考に、試してみてください!

 

こちらの「デトランスα」もオススメです。

 私も実際に使ってみて効果を確認しています。

 どちらが良いかはご自身との相性によりますね。

 私の場合、デトランスαは少しかゆみがでたので

 現在はAHCセンシティブをメインに使用しています!

 

4.自律神経の不調からくる脇汗対策まとめ

脇汗の悩みというのは、悩みだすといつも気になってしまい

 余計なストレスとなって悪循環に陥りやすいテーマですよね。

 

しかし、自律神経のバランスを整えつつ

 強力制汗剤で制御すれば十分対策できることを私自身体験済みです。

 

現代社会の中で、充分な神経バランス調整はなかなか難しいですが

 少しずつでも良い習慣を身につけて

 もう悩まなくてもいい普通の生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん効果には個人差があるとは思いますが

 少なくとも、何もせず我慢するよりは断然前向きになれるはず

 

ぜひ汗対策へ一歩踏み出してみては?!

-汗の悩み

Copyright© ザラムnote. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.